ソファ

ホーム > ソファ > Vigoreおすすめソファ > TRES THE SOFA TAILOR(トレス ザ・ソファテーラー)
TRES THE SOFA TAILOR(トレス ザ・ソファテイラー)
日本一のソファをめざして

世界の高級ブランドソファと肩を並べる「上質な日本一のソファを作りたい」という高い目標を掲げて、2000年に創業されたソファメーカー「T's mobile(ティーズ・モービレ)」。
「TRES THE SOFA TAILOR(トレス ザ・ソファテイラー)」は、そんな彼らが手掛けるソファ専門ブランド。イタリアの高級ブランドからライセンスを受けるなど、独自の技術を確立し誕生したそのソファは、デザイン設計・素材選び・座り心地・耐久性等の追求を重ね、高いクオリティを実現しています。
人生を変える、感動の掛け心地をぜひ店頭でお確かめください。

国内最高水準のクオリティ

TRESのソファには、「T’s mobile」が創業以来培ってきた技術が惜しみなく注ぎ込まれています。
企画デザインから製造出荷に至るまでの全工程を自社工場で行うことで高い水準での品質管理を可能とし、外からは見えない内部パーツにまで最高級素材を使用するなど、デザイン性・座り心地・耐久性を兼ね備えたソファたちは、いずれも国内最高水準のクオリティを誇ります。
これまで約3万台のソファを全国のお客さまにお届けしてきたという実績は、そのクオリティへの支持度と言い換えることもできます。
製造過程をまとめた動画をぜひご覧ください。ソファづくりへのこだわりがきっと伝わることでしょう。

確かなデザイン

インテリアにはファッション的な要素もあるため、見た目を気にする方は少なくありません。
一方で、ソファとは人の体に触れる人体系家具であることから、「くつろげる道具」という本質的な部分を蔑ろにしないためには、人体寸法や人間工学などに基づいた寸法・角度・ストローク量(硬さ・柔らかさ)など、デザインと座り心地の因果関係に精通したデザイナーによって描かれるのが必須です。
TRESの製品は専属のソファ専門デザイナー・道畑拓美氏が手掛けています。

デザイナー・道畑拓美
Designer

道畑 拓美
Takumi Michihata

1963年石川県生まれ。
1986年武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。
卒業後、大手家具メーカーデザイン部を経て在日米軍基地内施設の建築設計に携わったのち、1992年石川県にUターンし某家具メーカーに企画開発室室長として入社。同年イタリア留学にてインテリアデザインを学ぶ。在籍中はオリジナルブランドの立ち上げやイタリア高級ソファメーカーのライセンス事業に携わる。
2000年に独立し、代表の越村と共にT’s mobile創業。以降、ソファ専門デザイナーとして自社ブランドにおける全商品のデザインを手掛ける。
15件の商品がございます。 価格順新着順
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ