インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 昭和区 K様 施工例
施工日
2021年10月16日
納入製品
ソファ 「AUTHENTICITY FINE(オーセンティシティ ファイン)」 3Pサイズ『RB』、ウォールナット材
コメント

中川店より、昭和区・K様邸へお届けしてまいりました。

K様は以前にサイドボードやテレビボードをお迎えいただいている顧客様
今回はソファお買い替えのご相談でご来店いただきました。

事前に当店WEBサイトでいろいろチェックされて候補を絞られており、ショップで掛け心地やディテールなどのチェックをしながら比較検討いただきました。
複数モデルを比較された結果、K様がお選びになったのは「AUTHENTICITY FINE」シリーズの「RB」。
インテリアのイメージからデザイン性の高いウッドフレームソファでご検討されてらっしゃいましたが、厳選されたFAS等級の美しい材、背面の格子等のデザイン性、至福の掛け心地を気に入られたご様子です。
「RB」に用いられるのは北米からの輸入材ですが、原木から加工された製材はNHLA(全米広葉樹製材協会)が定める規格によって等級選別されており、最高位となる「FAS」グレードのみが「AUTHENTICITY」シリーズになることを許されています。ウッドショック等を背景に、クオリティが高い材料の確保が日々困難となる近年ゆえに、この素材の美しさ自体がすでにひとつの価値と言っても決して大げさではありません。
デザインのポイントである背面の格子は木目を通すために一旦カットした板を角度を持たせて再び接合する方法を採用するなどディテールへのこだわりも大きく、みなさんが感じられる製品オーラのようなものは、そういったこだわりから生まれているのかもしれません。
掛け心地に関わる背座クッションやボトムに関してはソファ専門ブランド「TRES」が手掛けており、掛け心地の良さも伴ったウッドフレームソファ。トップのハンガリー産スモールフェザー層で優しく受けてその下の複層ウレタン&ウェビングボトムでしっとり支える至福の掛け心地。
木部は以前お届けしたサイドボードなどとあわせてウォールナット。
ファブリックはいろいろご覧になった中から、肌触りがよいチャコールグレーの生地で大人っぽく落ち着いた雰囲気に。
手元にリモコンや飲み物などを置くのに便利なコの字型のサイドテーブルも合わせてお迎えいただきました。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
規則正しく並ぶ背面格子が美しい「RB」。リビングとダイニングを仕切るようにソファがレイアウトされる現代においては、抜け感のある軽やかな印象のウッドフレームは相性が良い。
Detail
格子の拡大。
いずれも木目が通るように、一枚の板を一旦カットし角度を持たせて再接合する方法を採用。休息に適した角度にしなが見た目の美しさも備えた丁寧な仕事。
Detail
アームと前脚接合部拡大。
コーナーは互いの木口を斜め45°にして組む「留組(とめぐみ)」。一般的な「かぶせ」の納まりと異なり材の厚みが露出しないので見た目もすっきり。
剛性を出すため断面がT字になるよう二重のフレーム構造にしてありますが、陰影が入るので立体感を出す効果も。

Detail
ファブリックは肌触りのよりチャコールグレーのファブリックをセレクト。
全体的に落ち着いた大人の雰囲気のインテリアでしたので、そのイメージに合わせて。
Detail
コの字型で便利なサイドテーブル「BJ」。
天板に溝が切ってあり物が落ちにくいようにするなど、細かい所まで配慮してある。
横倒しにしても使えるタイプなので便利。
Detail
サイドテーブルのコーナー部拡大。
接合には伝統的な木工の仕口「あられ組」を採用。
互いの木口を複数の凹凸形状にして組む工法ですが、平面同士で組むよりも接着面積が広くなるので接合強度が高く、コーナー部は水平・垂直どちらに対しても応力があるのでコの字だけでなく横倒しにしても使うことができます。

施工事例
施工事例 昭和区 K様 施工例
お問合せ番号 sekou_1225

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ