インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 千種区 K様 施工例
施工日
2020年12月23日
納入製品
「TRES THE SOFA TAILOR(トレス ザ・ソファテイラー)」 2.5Pソファ「GRVA」カスタム仕様
コメント

中川店より、千種区・K様邸へお届けしてまいりました。

K様はオフィス家具などのコントラクトユースで平素お世話になっている顧客様でらっしゃいますが、新たにマンションへお引越しされるのを機にソファやベッドを新調したいとのことでご来店。

海外製のブランドソファも候補としてご覧になっていたそうですが、当店でご覧いただいた「TRES THE SOFA TAILOR(トレス ザ・ソファテイラー)」のクオリティの高さや座り心地の良さを気に入られました。いろいろご覧いただいた中でK様が気に入られたのは「GRVA」。奥行きを一般的なソファより20cmほど深くすることで、寝転んだり胡坐をかいたりと床座に近いスタイルで寛ぐことができるのが特徴。基本仕様はレッグで足元を130mmほど立ち上げたデザインにしてありますが、K様の好みに合わせて少しカスタム。レッグはあまり主張しない低めのものに変更し、座面高は変えずに座りやすいよう座クッションの厚みを増して製作。ボディの厚みが増すことで見た目の安定感が出て、肘高が相対的に低くなることでアームを枕代わりに寝転んで過ごしやすくもなっています。
ファブリックはシェニールのように柔らかく温かみのあるテクスチャのグレーを基調に、ピロークッションを黒の本革とすることでカラーと質感で対比を持たせて。
ベッドはサータ社のピロートップタイプにダブルクッションボトムの組み合わせでホテルのように快適な睡眠環境を。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
「GRVA」は奥行きの深さが一番の特長。寝転んだり、胡坐をかいたり、床座のように寛いで過ごせる快適なソファです。
Detail
K様のご要望で足元はあまり空間がないほうが良いとのことから、低めのレッグに変更。低床低重心なプロポーションは見た目の安定感が増します。
Detail
レッグを低いものにカスタムしましたが、座面高まで低くならないよう座クッションの厚みを増して座り心地が極力変わらないように。肘高が相対的に低くなるためアームを枕代わりに寝転んで使う際にも使いやすくなります。

Detail
ファブリックはシェニールのように柔らかく温かみのあるテクスチャを持つシリーズから明るめのグレーをセレクト。上質な雰囲気になり、肌触りも良いです。
Detail
ピロークッションはアクセントになるよう本体と変えて。本革のブラックを採用することで、本体部分とテクスチャ・カラーで対比が出るように。
Detail
サータ社のピロートップマットレスとクッションボトムの組み合わせでホテルのように快適な睡眠環境を。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ