インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 港区 N様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2016年12月10日
使用商品
至高のソファ「GRVA」・KKオットマン
TVボード・キャビネット「Linea(リネア)」
ウォールナット材
コメント
中川店より、港区・N様邸へお届けしてまいりました。
N様は、ご新築にソファとTVボードをお探しでご来店していただきました。選ばれたソファは弊社「至高のソファ」シリーズから人気No.1の「GRVA」。とにかく座り心地が最高!!!今までにこんな座り心地の良いソファは初めてだ!!!など、大絶賛していただきました。また、従来のソファと奥行が20cm大きめでゆったりと寛ぐタイプなので「上がり込んであぐらをかいたり寝そべったりするのがとても楽だ」ともおっしゃっていただき、とても気に入っていただきました。
張り生地はイタリアンファブリックの中からインディゴカラー(紺色)を選んでいただき背のサポートクッションには、写真でははっきりと見えませんが、アイボリー系のオシャレな柄系を選んでいただき、脚はナチュラルなフローリングとメリハリを付けるためにウォールナット無垢材にてお作りさせていただきました。
TVボードはこちらもソファの脚と合わせてウォールナット材(天板・前板無垢材)オイル塗装にてお作りさせていただき、収納が欲しいと言うご要望でサイドキャビネットもお作りさせていただきました。
ナチュラルのフローリングに対しウォールナット無垢材の家具と高級感溢れる「至高のソファ」のコーディネイトでとてもラグジュアリーリビングルームになりました。
N様、この度は誠にありがとうございました。
Detail
至高のソファ「GRVA」は従来のモデルより約20cm程度奥行きを深く設定されているので、ゆったりと寛ぎたいという方にお薦めです。
Detail
ベースとなる本体とクッション部分はインディゴカラーのファブリックをセレクト。腰部をサポートするピローにはアイボリー系のグラデーション生地でコーディネート。
Detail
ソファの足元にはややコンパクト設計のKKオットマンを。ブラックベースにシルバーの糸が織り込まれた上品な柄のファブリックでご用意しました。

Detail
TVボードとキャビネットは同シリーズの「Linea」で合わせられました。通常よりも台輪部分の高さをUPしてH350mmとなっています。
Detail
キャビネット上部は開き扉の収納となっており、ダボ式の可動棚が2段付属しています。収納したい物のサイズにあわせて調節が可能です。
Detail
TVボードの機器類収納部はフラップ開閉式の扉です。前板のスリット(溝)からリモコンの赤外線を通すので閉めたままの状態でも操作していただけます。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ