【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

ダイニング

ホーム > ダイニング > 「Yule chair(ユール チェア)」・板座(ナラ)
yule chair ユールチェア
長く愛されるチェアを

『Yule(ユール)』はデンマーク語で「クリスマス」を意味します。
静かで温かであり、かつどこか愛らしい北欧のクリスマスの印象と、日本語の「ゆる(やかな)」暮らしという言葉の響きから、この椅子は「Yule chair(ユール チェア)」と名付けられました。細身でシンプルなデザインは時代が流れても色褪せることなく、どこを触っても角のない丸みを帯びたフォルムは人に優しく、あなたと生涯を共にするのにふさわしい椅子となることでしょう。背当たりを意識した曲面を描く笠木、角度を持たせた難易度の高い接合、美しいフォルムの板座など、天然木無垢材を使いながらこのデザインを形にするには高い技術を必要とします。

「Yule chair(ユール チェア)」は、飛騨高山の腕の良い職人たちが手掛けています。たくさんの人たちが繋がって、生まれた椅子。長く愛されることを願っています。

デザイナー 「松岡 智之」
デザイナー 「松岡 智之」
1992 千葉大学工学部工業意匠学科卒業
1992-1999 株式会社GK設計にてプロダクトデザイナーとして勤務
1999-2001 デンマーク王立芸術アカデミー デザイン科 留学
2001 トモユキマツオカデザイン設立

木でこの椅子を作ることの難しさ ~笠木ができるまで~
出来上がってしまえば繊細で上品な見た目ですが、この形になるまでの過程には木製ゆえの難しさもあります。

もし、これが樹脂や金属であったのならば、もう少し容易だったのかもしれません。
複雑な曲面も型を起こしてしまえば、コピー&ペーストのごとく、同じ物を効率よく量産することが可能だから。

木製の道を選んだこの椅子は、背もたれの笠木ひとつとっても大変な時間と労力を必要とします。
笠木と脚部分のように、角度を持たせた接合も高い加工精度を必要としますし、組み上げの難易度も高くなっていきます。

では、なぜ天然木にこだわるのかですって?
それは、やはり人が見たり触れたりしたときに心地良い素材だからでしょう。
先進的な素材や技術が生まれる現代ですが、それらが家具の世界を席巻しないのは、天然木以上に安心で心地良いものがないからではないでしょうか。

長く付き合うなら、心地良いもののほうが良いに決まっています。
笠木1
背もたれと肘掛になるパーツを用意します
大きいブロックが背もたれで、小さいブロックがアーム
削りだした際に無駄にしてしまう部分を極力少なくしながら、構造や意匠的にも不具合がないよう、笠木を最小限のパーツに分解した構成が背もたれ・左右アームの3つになっています。
これらのパーツが接着されて大きなひとつの塊となり、そこから完成品のような細身のフォルムに加工されていきます。
笠木2
フィンガー加工でそれぞれのパーツをジョイントします
接合部には刃物でギザギザの形状に加工し組み合わせる「フィンガージョイント」を採用。
フラットな面同士で接着するより接着面積を広くとれるので、強度を持たせることが出来ます。 完成品の細身のイメージとは対照的に、ボリュームのある塊。
それぞれのパーツが納まる直方体の組み合わせで考えていくと、こんなに容積が必要となるのです。
笠木3
木工加工機械でおおまかな形に荒加工していきます
大まかな加工には「NCルーター」という木工加工機械を使いますが、座標や移動距離などのプログラムを入力して刃物を動かし、大きな塊から必要な部分を残していくイメージ。
緻密な組み付けを必要とするデザインでは精度の高い加工が必要とされますが、数値で表せる精密な加工は機械の得意とするところ。
なお、刃物の動きは意外にゆっくりなので、機械だから早くできるというわけではありません。
笠木4
最後はやはり人の手で仕上げていきます
曲面を削る南京鉋、研磨などの工程を重ねて、細身で丸みのあるフォルムが生み出されています。
板座タイプの座面もお尻にフィットする形状に加工してありますが、加工の工程は笠木と同様です。

「Yule chair(ユール チェア)」の主な仕様

フレーム:天然木ナラ無垢材

座面:天然木ナラ無垢材(座ぐり加工あり)

塗装:クリアオイル仕上げ

サイズ:W575×D500×H760(SH:450、AH710)

中川店

展示店舗 【 中川店 】名東店

この製品は中川店でご覧いただけます。

※イベントによる商品入れ替えなど、タイミングによっては展示が抜けている場合もございますので、展示の有無や製品についてのご質問などは店舗までお気軽にお問い合わせくださいませ。

中川店 TEL:052-361-5551

名東店

展示店舗 【 名東店 】名東店

この製品は名東店でご覧いただけます。

※イベントによる商品入れ替えなど、タイミングによっては展示が抜けている場合もございますので、展示の有無や製品についてのご質問などは店舗までお気軽にお問い合わせくださいませ。

名東店 TEL:052-734-8477

この製品の施工事例

施工写真

施工例を見る 🔍

板座タイプ
施工写真

施工例を見る 🔍

本革張タイプ
施工写真

施工例を見る 🔍

本革張タイプ
施工写真

施工例を見る 🔍

板座タイプ(ブラック塗装)
施工写真

施工例を見る 🔍

板座タイプ
施工写真

施工例を見る 🔍

板座タイプ
施工写真

施工例を見る 🔍

ウォールナット材・板座タイプ
Detail
横から見た姿。アルファベットの「A」のようにトップを絞ったデザインは、軽快でありながら見た目の安定感も生み出します。
Detail
後姿の写真。高度な木工加工技術が可能にした要所を大きく抜いたデザインは、細身のデザインも相まって軽やかなイメージ。
Detail
笠木に脚を差し込む構造。よくあるチェアはレッグ同士が平行なため、ひと通りフレームを組んでから笠木を乗せることができるので、パーツの組み付けは比較的容易。軸が交差する構造の「Yule chair」は、最後に笠木を乗せる組み方ができないため、組み付けも複雑になります。

Detail
板座タイプは、緩やかに窪んだ形状の座面に加工してあります。ウィンザータイプのチェアによく見られるクラフト的な深い座ぐりではなく、工業デザイン的なすっきりしたフォルムが製品イメージを洗練されたものにしています。
Detail
背もたれ部分は上下2枚の積層、そこにフィンガージョイントでアームを接着した構造。細身で繊細なフォルムからは想像できないほど、大きな塊から削り出して生み出される笠木。手間を惜しまない仕事が、見た目と掛心地を両立させています。
Detail
座面を僅かに後傾させ、背座角をやや開いて休息性も持たせた設定。背骨の自然なS字が崩れにくいよう、腰部のやや上を優しく受け止める形状に加工された笠木は、正しい姿勢を保ちやすく長く寛いで過ごせます。

商品名 「Yule chair(ユール チェア)」・板座(ナラ)
商品番号 「Yule chair(ユール チェア)」・板座(ナラ)
価格 71,280 円(税込)
配送料金
(全国一律)
1,080 円(税込)
ポイント 0 pt
個数

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ