インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 日進市 N様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2012年7月29日
使用商品
TVボード CORRENTE(コレンテ)、ダイニングテーブル LV、チェア MK、ベンチ ウォールナット材
コメント
中川店より、日進市・N様邸に納品してまいりました。
N様は60インチのTVをお持ちで、幅が広めのTVボードをお探しでした。
他店もいろいろご覧になられたそうですが、ウォールナット無垢材の質感や重厚感あるデザインの「CORRENTE」が一番印象に残ったとのことで、今回お迎えいただけました。
印象的なデザインの裏には、留め納まりの扉と側面、半かぶせの扉など、細かい配慮が隠されています。
ダイニングはカットを入れて先が細くなる「テーパー」デザインのテーブルに、シンプルなチェアと片側ベンチのスタイルで、リビングと合わせてウォールナット材でご用意いたしました。
Detail
中を見せないデザインは、TVまわりをすっきり演出してくれます。通常は手前に開くフラップ扉仕様ですが、扉が前板を兼ねた引出仕様でご用意いたしました。
Detail
前板と側面の納まりは「留」。材料の厚みが表に露出しないのですっきり見えます。また、前板は少し天板にかぶせる納まりにしてあるので、無垢材を使った天板でも見えがかりが薄くすっきり見えるようにしてあります。
Detail
横顔も意識したデザインのTVボードは、意外にも少ないです。水平を強調するスリットのデザインは見た目の安定感もあります。スリットはデザインのポイントでもあり、リモコンの赤外線を通す役割もあります。

Detail
片側ベンチのスタイル。テーブルは、カットを入れて先が細くなる「テーパー」デザインのものをお選びになりました。
Detail
チェアは「MK」をセレクト。シンプルなデザインですが、後脚と背もたれの接合部を擦り合せてフラットにしてあるのでチープではなく、上質なイメージ。どんなテーブルにも合わせやすいチェアです。
Detail
片側ベンチは来客の際に重宝します。また、チェアと違い背もたれがないので見た目の圧迫感も出ず、テーブルに納めてしまえば通路など動線を広く取れるのも特徴です。

施工事例
施工事例 日進市 N様 施工例
お問合せ番号 sekou_313

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ